血液をあらう?!血液クレンジングの正体は?

血液クレンジングという言葉を聞いたことはありますか?血液クレンジングとは、その名の通り血液をキレイにすることです。メディアで取り上げられることもありますが、日本での認知度はまだ低いように思います。ヨーロッパでは、認知度が高く、自然治癒力を強化・復活させる治療法として注目をあびています。
方法としては、採血したものを医療用オゾンでキレイに洗い、新鮮な血液を体内に戻します。血液がクレンジングされ、全身にきれいな血液が循環します。

サラサラの血液に大変身!体への影響その1

血液クレンジングを行うと、ドロドロだった血液がサラサラのきれいな血液に蘇ります。血液は体の中で、酸素や栄養素を運ぶ働きをしていますが、血液がきれいになることで、体の隅々まで運ぶことが出来ます。そのことにより、細胞の代謝は良くなり免疫力がアップし、強い体作りにつながり病気へのリスクも減らせます。体温の維持もしやすくなるので、冷え性の人にも効果があります。

体も肌も元気に!?体への影響その2

血液の質が良くなることで、体の細胞も元気になり、体の疲れを感じにくくなります。また、体内で酸素が有害な物質を抑制しようとする働きである抗酸化力もアップします。そのため、肌トラブルのシミやシワなどがおこりにくくなるとされています。コラーゲンに与えるダメージも減らし、肌に潤いやハリをもたらし、若々しい肌を保つ女性には嬉しいアンチエイジング効果があります。

慢性的な症状改善・予防も!体への影響3

血液クレンジングをすると、頭痛や肩こり、むくみなどの慢性的な症状も改善されます。また血液がサラサラになるので、動脈硬化の進行を抑えたり、脳梗塞や心筋梗塞の予防にもつながります。さまざまな症状を改善でき、健康的な体をとりもどし快適な生活を送ることができます。

血液クレンジングとは、血液を抜いてそこにオゾンガスを混ぜ合わせ、オゾン化した血液を戻す治療方法をいいます。