ヒアルロン酸って何?

美容成分として高い人気を誇るヒアルロン酸は、細胞の間で水分を溜め込む働きの他、膝などの関節を滑らかに動かす働きや眼球を丸く保つ働きをする成分です。若い間は、体の中にしっかりとある成分ですが、40歳を過ぎた辺りから大幅に減少をしていきます。

化粧品として使った場合は

ヒアルロン酸は、化粧水や美容液などに多く配合されています。化粧品に配合されたヒアルロン酸で期待できる効果は、肌の保湿効果です。たった1gの中に6リットルもの水分を溜め込むという特徴のあるヒアルロン酸を使えば、手軽に乾燥肌対策や保湿ケアを行うことができます。ただ、肌につけたヒアルロン酸は時間と共に効果が失われていきます。そのため、良い状態を保つためには、継続して使っていくことが大切です。

クリニックで使われるヒアルロン酸

美容系のクリニックでは、注射器を使ってヒアルロン酸を肌に注入することで、見た目の悩みを解消する様々な施術を行っていきます。代表的な施術は、肌にハリと弾力を取り戻すことで、シワを消していくものです。この治療は、加齢によって肌が衰えたことが原因でできたシワに対して有効な方法です。それ以外に、ヒアルロン酸を注入することで鼻や顎の形を整えたり、胸を大きくすることもできます。これらの治療は、注射だけで行うことができるため、施術時間が短く体への負担が少ないという特徴があります。入院をする必要がなく、ダウンタイムも短い上、料金も手頃なため、興味があればクリニックでカウンセリングを受けるところから始めてみると良いでしょう。

ヒアルロン酸とは皮膚の中に多く含まれていて、水分を体外に逃がさない働きがあります。そのため、肌の潤いを保ってくれます。