薄毛の種類と原因は何か?

薄毛には種類があります。1つは頭頂部から徐々に薄くなっていくというものです。この原因は血行不良であることが多いです。血行不良によって毛母細胞に栄養が届かなくなって髪の毛がどんどん細くなっていって薄くなるのです。自分の頭皮が血行不良かどうかを調べるには、肌の色を見ることです。青色か白色であれば血行が良い状態です。赤くなっていると血行不良の状態です。10代や20代の若ハゲがたいていはこのタイプです。もう1つはおでこから徐々に後ろの方に後退していくというものです。男性ホルモンのテストステロンの分泌量が普通の人よりも多いです。このテストステロンが発毛を防いで薄毛になります。

薄毛を解決する方法は?

薄毛の解決方法は育毛剤を使用することです。頭頂部が薄くなっている人には、トウガラシチンキが配合されている育毛剤を塗布することがおすすめです。トウガラシチンキは血行を良くする働きがあります。また、髪の毛がおでこから後退していっている人には、エチニルエストラジオールが配合されている育毛剤を使うことをおすすめします。エチニルエストラジオールは男性ホルモンを抑制する作用を持っています。これらの育毛剤を使って発毛効果を促します。しかしながら、注意するべき点もあります。半年以上は使用しないといけないことです。髪の毛にはヘアサイクルがあるからです。他にも、シャンプーの方法を変えることをおすすめします。朝と夜ではなく夜のみや朝のみの1日1回にすることです。

栄養ある食事を積極的に摂ることで、薄毛を予防することができます。効果的な食べ物は海藻類やたんぱく質です。これらの物質を継続的に摂ることが大切です。