自分にぴったりのシャンプーとは

頭皮環境が清潔で健康的な状態に保たれていないと、抜け毛や薄毛が発生しやすくなりますよね。1日で溜まった頭皮の汚れを取り除くために使われているシャンプーですが、実はこれが髪の毛が減る原因であることが多いんですよ。いくら発毛成分がたっぷり配合された育毛剤を使っていても、シャンプーで頭皮にダメージを与えて続けていては薄毛対策になりません。まずはシャンプーの選び方などから改めていきましょう。自分の頭皮のタイプに適したシャンプーを使うようにすれば、異常な抜け毛の量を減らすことにもなりますし、将来薄毛にならないように予防することもできます。シャンプーの選び方ですが、頭皮の汚れを残さず落とすために効き目が強いものを選びがちです。しかし、洗浄力が強いものの方が、当然頭皮に与えるダメージも大きいので注意してください。低刺激で頭皮に潤いを与えてくれて、血行促進効果がある成分が含まれているものがおすすめです。

洗えばいいってものじゃないんです!

薄毛予防をしたいなら、正しい方法で髪の毛を洗わないと駄目だとよく言われていますよね。大事なのは頭皮を傷つけないことと、ちゃんと洗い流すことです。当たり前のことですが、これがきちんとできてない人がたくさんいます。まず洗顔の時と同様に、シャンプーはきちんと泡立ててから頭皮につけましょう。この時、爪を立てるようにして力強くマッサージするのは間違いです。指の腹の部分でソフトに洗っていきます。力いっぱい洗わなくても充分皮脂汚れは落ちるんですよ。シャンプーの洗い残しは頭皮の炎症などを引き起こすので、きちんとシャワーで流しましょう。

発毛を促すには、育毛剤や部分移植が効果的な方法としてよく知られています。特に近年では、血液型が同じ方から移植するプラントが注目されています。